お知らせ -vol.26-

2018年1月31日ギャラリーの作品を「裏街の冬」から「雪山」に飾り換えをしました。

次回の入れ替えは4月を予定しております。

松本孝之絵画館だよりvol.26 (2018年2月発行)

絵画館来館者からのメッセージ

「松本孝之絵画館」へご来館頂いた方々に、作品についてのご感想などを書いていただき、このページに載せています。
ご来館頂いた方々が、ここで出会った作品をとおして、松本孝之に対する思いを皆様と共有できれば幸いです。

※ ここに書かれているメッセージは前回の展示作品をご覧戴いた方のものです。展示作品は前回の「松本孝之絵画館だよりvol.25」をご覧ください。

Y.Y.さん

 12月に入り作品の入替えを行ったとお話をお聞きし、早速絵画館へお伺いしました。前回の静夜名月が大変素敵で何度も観に行っていたので静夜名月が外されるのは少し寂しい気持ちもしましたが、また 新たな作品を楽しみに今回お伺いしました。

 今回の作品はパリの裏街を中心としていてどれも冬のしんとした空気が 伝わってくる作品でした。前回は館内のそれぞれの壁に100号サイズ など大きな作品が中心に展示されていましたが、今回はサイズの小さな 作品も数々展示されていて前回とはまた違った雰囲気が楽しめました。 いつも驚かされることですが、松本さんの絵は展示する場所や配置、額に よって色んな表情が見られます。

 今回街角(パリ)は、前回玄関に単独で展示されていましたが今回は 館内に他の作品と並んで展示されており、それでも存在感がすごく 引立つ作品で益々この作品が好きになりました。
 また、荒野の家や廃墟の作品も建物の白壁に冬の厳しい寒さやしんとした 空気が表れていて、これからますます寒くなるであろう冬の訪れを感じました。

 これからも松本さんの色々な作品を見られるのを楽しみにしています。

K.Y.さん

 展示がかわると一度は訪問して楽しませていただいています。
今回は マツエさんに尋ねたいことがあっての 2回目の訪問でした。 絵画館入り口の色紙の言葉。 とても好きな言葉です。
「どんなことも自分の心次第で決します 喜びも悲しみも美しさも みんなみんな自分の心次第 心の持ち方心のあり方が 大事だと思っております」
曹洞宗の住職が書いた本を読んでいて 同じ内容の言葉を見つけたので マツエさんに尋ねて見たかったのです。
展示を友達と一緒に鑑賞し その後、たくさんの貴重なお話を聞くことができました。 ありがとうございました。
この文を書くため 作品集を開き、 「松本孝之」妻 マツエからの紹介 …その文を何気なく読んだら 最後に「絵の具や色紙」を沢山用意していた。
と記してありました。 色紙には、きっと さまざまな禅語…悟りへの言葉が書かれたんだろうなぁ と思い。
孝之さんが書けなかった言葉は、マツエさんの口から いただこうかなって思いました。 寒い日が続いてますが、お元気でいてください。

S.M.さん

 館内に広がる冬の世界観。裏街の冬のたたずまいは、一作品 一作品‥
郷愁を誘いながら、観る者を等身大にして引き込み、 語りかけてくる奥深さに感涙を誘われました。
筆タッチの強さ、重ね色の深さから、凜とした冷気が迫り来る反面‥作者の繊細な息づかいと、温もりが伝わってくる不思議を覚えました。
明るく多彩な表情のパリの裏街は、寒さの中にもお洒落感を印象づけ、心温まりました。
冬に蓄えられたエネルギーが、開放的に解き放たれる華やぐ春が待ち遠しいですね‥本当にありがとうございました

N.S.さん

 今回はパリの裏町や廃墟の景色なのでいつもより暗い感じがしましたが、そのなかに華やかな赤が使われていたり、色彩のコントラストを楽しめる作品が並んでました。

Y.N.さん

 平成29年夏、
私が夫を亡くして一年目の夏、松本先生の作品に出会わせていただきました。

 仕事の途中ふらりと立ち寄った絵画館、、、
絵の事など良くわからない私ですが、優しい笑顔で奥様が迎えて下さいました。

先生の作品を一通り拝見させていただくと、めったに涙することなどない私ですが、
不思議と胸が熱くなり、涙があふれて止まりませんでした。
私の夫は、私よりはるかに芸術がわかる人で、素晴らしい絵や音楽などにふれると感動し、涙を流す人でした。
夫が、私の目を通して先生の作品にふれ、感動し私の目を通して涙を流しているかのようでした。

とても優しく力強い作品です。四季折々に作品が入れ替えられますので、何度も足を運びたくなります。

こんなに近くにこんなに素晴らしい場所があり、芸術にふれられること、本当に有り難いです。

A.K.さん

 ずっと来たいと思い続けて、ようやく見せていただくことが出来ました。
 なかなか絵を観る機会がなかったのですが、迫力のある絵をじっくり見ることが出来、
少しぜいたくな気分になりました。有難うございました。

K.S.さん

 荒々しい感覚と繊細な絵が、とても見ている人を楽しませてくれます。
冬の絵ですが、温かみが伝わってきます。
いつもありがとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

A.S.さん

 おめでとうございます。
素敵なパリの絵を観させて頂いて、新婚旅行を思いだしました。
また楽しい仲間と、パリに行きたくなりました。
ありがとうございました。

本年もよろしくお願い致します。

M.B.さん

大らかな色づかいで、いろいろな建物を描かれてあり、その中でどの絵にも赤の色づかいがあり、落ちついてみせていただきました。

本日はありがとうございました。