お知らせ -vol.17-

2016年7月28日ギャラリーの作品を「海と空」から「ヨット」に飾り換えをしました。
松本孝之が昭和40年〜50年に精力的に描いていた代表作の1つでも有る「ヨット」です。
そんな松本孝之のヨットの世界を、ゆっくりご鑑賞して頂ければ幸いです。

次回の入れ替えは10月を予定しております。

松本孝之絵画館だよりvol.17 (2016年8月発行)

絵画館来館者からのメッセージ

「松本孝之絵画館」へご来館頂いた方々に、作品についてのご感想などを書いていただき、このページに載せることといたしました。
ご来館頂いた方々が、ここで出会った作品をとおして、松本孝之に対する思いを皆様と共有できれば幸いです。

※ ここに書かれているメッセージは前回の展示作品をご覧戴いた方のものです。展示作品は前回の「松本孝之絵画館だよりvol.16」をご覧ください。

Y.Yさん(佐世保市広田町)
 「海と空」とても素敵な作品ばかりでした。荒々しい海の波しぶきが伝わってっくるものから穏やかな海の静けさが伝わってくるものまで同じ方が描いた作品とは思えない位、それぞれが違った作風で楽しむことができました。
絵画館には音楽が流れており、それがまた松本さんの絵画の情景を引き立たせてくれています。激しい波の音から穏やかな波の音まで、見る側に伝わってくるようでとても印象的でした。また、是非色々な作品を見にお伺いいたします。素敵な時間をありがとうございました。

Y.Fさん(長崎県川棚町)
 久し振りに油絵の素晴らしい風景画を見させて頂きました。空と海の気持ちの良い絵をたくさん見ることが出来、ありがとうございました。次の作品を楽しみに またお伺いさせて頂きます。
S.Kさん
 いつも楽しく鑑賞させてもらっています。前に観たことのある絵だとなつかしい気がしますし、新しい絵に出会うと何か、語りかけてくるような気がします。これからも季節ごとに、表情をかえてくれる絵画展を楽しみにしております。
T.Tさん
感 想 「曇り日」
 麦畑なら違うけれども、描かれた緑が田んぼ ならばこの景色は八月の午後、陽の長い長崎 では六時を過ぎている頃かもしれない。
緑のグラデーションを見せる田んぼはわずかに 段差があるのか、育ちぐあいの違いが陽光のおかげ で楽しめる。
緑の農地の勢いをさえぎるのは、確 たる低い山の黒い帯です。山裾に並ぶ屋根 の赤色が明るく、陽のさす田んぼの上で美しい。
山の上には鋭く細い塔のある建物が見え、のどか な景色に小さな変化を加えています。
回顧展の数多い展示の中で、一番印象に残った 作品です。
 松本さんと同じ町に住む私は、この景色 が我が町の、ある眺めではないかとずっと思い込んで いました。
久しぶりにこの作品と再会した時、その 描かれた景色が我が町でないことを確認しました が、なぜそのように見えたのか。
違うとわかっても、この 作品から発せられる親近感はどうしても離したくない私 への魅力なのです。