お知らせ -vol.18-

2016年9月28日ギャラリーの作品を「ヨット」から「秋」に飾り換えをしました。
松本孝之の描いた「秋」を、ゆっくりご鑑賞して頂ければ幸いです。

次回の入れ替えは12月を予定しております。

松本孝之絵画館だよりvol.18 (2016年10月発行)

絵画館来館者からのメッセージ

「松本孝之絵画館」へご来館頂いた方々に、作品についてのご感想などを書いていただき、このページに載せています。
ご来館頂いた方々が、ここで出会った作品をとおして、松本孝之に対する思いを皆様と共有できれば幸いです。

※ ここに書かれているメッセージは前回の展示作品をご覧戴いた方のものです。展示作品は前回の「松本孝之絵画館だよりvol.17」をご覧ください。
 T.Iさん
 昭和40年代の作品ですか…
 私が 44年にオギャーと生まれた年に すでにこんな素敵な作品があり
 そしてマツエさんはこの 作者の方と一緒に歩まれてた訳ですね〜
 感動です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
 そして今このように その時生まれた若輩者の私のお話を聞いて頂いている…
 奇跡のようです こうして作品の時代と自分の時代をシンクロさせて感じるのは
 また不思議な感覚も感じます
 是非秋の作品も拝見させて頂きたいと思います
 A.Yさん
 昨日見せていただいた絵画の感想ですが、真夏に見るヨットと違い、
 夏から季節が移ろう初秋の風、光、波の音を感じました。
 手柴さんと何度かお会いしていることもあり、展示構成の意図まで 考えてみたり……。
 詳しいところを、手柴さんにお聞きしたい感じでした。

 今回は見応えのある大作が4作品も並んでいましたが、
 この1枚を完成させられるのに、どれほどの時間と労力が費やされて いるのだろうと思いました。
 
 海に浮かぶヨットと青空とくれば、一般的にはさわやかさばかりが誇張されがちですが、
 ご主人が描かれた一枚一枚にはゆったりとした時の流れが漂い、観る側の心を やさしく揺らしてくれました。
 あらためて、絵画を楽しむ心と時間のゆとり、大事だなと思いました。
 
 松本孝之絵画館において、作品と同じくらい、まっちゃんの存在はなくては ならないものです。
 夫の作品を見つめる人々を、やさしく見守るまっちゃんの微笑みに会いたくて、
 絵画館を訪れるお客さんもいらっしゃると思います。
 わたしもその1人です。

 I.Yさん
 私が好きな青でした
 爽やかだし 気持ち良くて…
 いつ頃の作品でしょうか?
 決して古さや時代を感じると言うより
 今とか オシャレとか
 そんな雰囲気をも感じる色使いとかが すごく好きでした
 私が夏生まれで好きな色が青だったのもあるのかもしれませんが
 その風景に行きたくなる絵でした

 T.Kさん(中3)
 今日初めて見に来ました。
 どの絵も色がぬりかさねられ、それぞれの雰囲気は 違っているけれど、
 白いヨットは風になびき、光に照らされ美しかった。
 それぞれの空の所が私は好きです。
 多くの色で夕日を作っていたり、
 反対に少ない色で静かな空だったりと、
 空の表情に引きこまれてしまった。
 水面にうつるヨットも本物のヨットとはまた違った雰囲気で、
 見るのが楽しかった。
 今日はありがとうございました。
 次回も楽しみにしています。