お知らせ -vol.32-

2019年1月28日、ギャラリーを松本の描いた「祈り」から「雪景色」世界に飾り換えをしました。

次回の入れ替えは4月を予定しております。

松本孝之絵画館だよりvol.32 (2019年2月発行)

絵画館来館者からのメッセージ

「松本孝之絵画館」へご来館頂いた方々に、作品についてのご感想などを書いていただき、このページに載せています。
ご来館頂いた方々が、ここで出会った作品をとおして、松本孝之に対する思いを皆様と共有できれば幸いです。

※ ここに書かれているメッセージは前回の展示作品をご覧戴いた方のものです。展示作品は前回の「松本孝之絵画館だよりvol.31」をご覧ください。

Y.Yさん

12月に入り作品の入替えをしたとのことで早速絵画館へ行ってきました。
大好きな月の作品が変わるのは少し寂しい気もしましたが、次はどんな作品が
展示されるのだろうと期待に胸を膨らませお伺いしました。

玄関を入るとまず「コーヒーカップ」が展示されていました。
玄関の作品はいつも小さいサイズながら、ものすごく存在感がある作品でいつも
今回は何が展示されるんだろうとワクワクしながら玄関に入るのも毎回楽しみの
ひとつです。

館内に入ると目に飛び込んで来たのが「天主堂」でした。
穏やかな陽気に包まれる中そびえ立つ天主堂がとても印象的でした。また、今回
「セゴビヤの城」もすごく印象的で、空の青さと城の風合いがすごくマッチしていて
何回観ても良い作品だなぁと感じました。

また、今回「赤い花」という赤を基調とした作品が展示されており色鮮やかな赤も
とても印象的で素敵でした。また松本さんが描く色々な色を楽しみにしたいと思いました。

今回天主堂を中心に祈りをテーマとしていて、平和の尊さも感じる作品の数々でした。
これからも松本さんの作品楽しみにしています。

S.Mさん

『迎春』この言葉の響き通り、館内に足を踏み入れたとたん、新年初の絵画観賞の目に飛び込んできたものは、明るく色彩豊かなインパクトある静物画の数点、まさに新春を感じさせる、清々しさと爽快感であり、新年号がスタートする元年となるこの年初め、素敵に期待感が迫り来るものでありました。
ホール内の風景画にも、津軽の雲や天主堂の大小等、更にどの作品も暖色系の色使いが、観る者の心を暖かくし、『幸福』への祈りが込められているメッセージ性を感じ、己の心身と混沌とする世情の寒さに打ち勝つ、命の吹き込み直しを戴けた今日に感謝でした。

F.Nさん

 今日で6回目になります。
 風景画はいつも感じるのですが、とてもほっとします。まるでその場で風景を眺めているかの様・・・優しくて力強く!
そして今回初めて、あ、この絵が自宅にあったらな・・・欲しいな・・・と思った絵があります。(おこがましいですが)「赤い花」です。とても好きです。

  音楽と絵がピッタリあっていました。
  優しい時間をいただきました。
  ありがとうございます。

M.Bさん

「曇り日」は題のような曇りの日に描かれた絵なのでしょう。
色が緑の濃淡で表現され、奥深さを感じられます。黒の箇所は細かくて描かれてひきずり込まれるように見つめてしまいました。
 「天主堂」は太陽に輝く建物と木々が美しいと思いました。
 ありがとうございました。

Y.Kさん

「曇り日」は、新緑の明るい田んぼに、空の重たい雲が!!田んぼの色が何とも言えない美しさで、自分がその中に居るようで、スカッとする。
 この絵を見ていると、足・越の痛みを忘れるようでした。

K.Sさん

「天主堂」を見ると、長崎に住んでいる私は、大浦天主堂を思い出しました。そびえ立つ姿が平和の象徴で、なんだか、誇らしい雰囲気がとても好きです。
 対照的に、綺麗な色づかいのカラフルな静物がとても好きです。

T.Iさん

 「天主堂」はどこで描かれたのかなあ?と考えながら見ました。素晴らしいです。「曇り日」も遠近感や、色彩の美しさに見とれました。
 静物も証明が明るくて、色がとても鮮やかで綺麗でした。
また伺います。